30代の転職にはもってこい資格!?簿記と社会保険労務士とは?

男性であっても女性であっても、30代になると「このままで良いのかな」と自分自身のキャリアに迷いが生じる方が多くいるようです。

しかしながら、これまで10年以上続けてきた仕事を辞め、心機一転異業種に転職といっても、スキルがなければなかなか難しいものがあります。

こうした背景から、「30代で資格を取得して転職に活かそう!」というケースが増えているのです。

≪30代で資格を目指す転職希望者必見!オススメ資格一覧≫

30代で資格を取得し、転職したい方にお勧めの資格として、下記を挙げることができます。

30代となれば、難易度的に“誰にでも取得できるレベル”ではいけません。

資格選び上、重要なのは“ある程度難しいこと”、“実務に直結すること”、“社会的ニーズが高いこと”の3点です。

<社会保険労務士>

企業の人事労務、社会保険関係事務を専門とする社会保険労務士の知識は、業種や職種を問わずどんな会社でも一定の需要があります。

30代で資格取得してそのまま転職に活かすのも良いでしょうし、いざとなれば独立開業の道もありますから、40代50代、もしくはそれ以降を見据えたキャリア形成を想定できる資格として人気です。

近年は高い難易度で知られる試験ですが、基本を重視した対策で充分合格を狙える資格です。

社会保険労務士試験オフィシャルサイトはコチラから

<日商簿記>

売上、利益、費用(コスト)など、いわゆる“会社の数字”を読み解く知識は、職種を問わず30代からのキャリアアップに必須であると言えます。

直接的に「経理」への転職を希望しないにせよ、30代で何か資格を取得して転職しようという場合には「日商簿記」の知識を習得しておくのが得策であると言えます。

就職や転職に必要なレベルは2級とされていますが、“30代からのキャリア形成”という観点では、1級まで目指すつもりで勉強を続けていくのがオススメです。

簿記検定 日本商工会議所のサイトはコチラから
30代で「資格なし」は相当ヤバい?