女性のライフイベント、出産・育児のブランク明けに良い資格は?

最近では、30代で資格取得を目指す女性がぐんと増えているようです。

なぜ30代なのか、その答えは、30代は「女性のライフスタイルが大きく変わる年代」だからに他なりません。

30代女性の主なライフイベントといえば、結婚や妊娠、出産、子育てです。

近年では、これまでのキャリアを継続しつつ、子を産み育てる体制がずいぶん整いつつありますが、それでもまだまだこうしたライフイベントを機に退職される女性が後を絶ちません。

結婚したから、妊娠したから、子どもを育てているから「退職」。

こんな風にいうと、本来幸せなはずの一つひとつが途端にネガティブな雰囲気に包まれてしまいます。

「30代で資格を取得して、これまでとは異なるキャリアを築こう」という前向きな女性が増えてくることは、これからを生きる女性たちにとって、さらには社会全体にとっても、素晴らしいことであると言えるのではないでしょうか?

≪30代で資格を目指す女性必見!オススメ資格一覧≫

ここからは、具体的に30代で資格を目指す女性が注目すべきライセンスをご紹介することにいたしましょう。

資格選びで重要なのは、「出産・子育てのブランクを経ても役立つこと」。代表的なものとして、下記の資格が挙げられます。

<医療事務>

子育て中の女性は仕事探しに難儀するものですが、数ある求人の中でも「医療事務」には30代女性にとって心惹かれる魅力があるのではないでしょうか?

その理由は「子育て中でも働きやすい勤務時間」「女性が多い職場のため、子どものお迎えや行事などでのお休みに理解が得られやすい」「夫の転勤があっても、経験さえあればどこの病院でも働ける」「専門的な知識を活かす仕事なので、やりがいがある」等、多岐に渡ります。

30代で資格を目指す女性であれば、一度は取得の検討をされる資格のひとつです。

ひと口に「医療事務」といっても、実はその種類はいくつもあります。下記のサイトを参考に、実際に調べてみると、目標が見えてくるかもしれませんね!

医療事務の資格についての参考サイトはコチラから

<日商簿記>

女性に人気の業種として「経理事務」があります。事務職全般が「定時で帰りやすい」として人気があるのですが、特に経理事務が注目されている背景には、「派遣でのニーズが高いこと」も挙げられるでしょう。

経理事務の主な仕事は、会社の入出金の管理帳票の作成管理、振込処理等ですが、これらをこなす上では「簿記」のスキルが求められます。30代で資格を目指す女性であれば、仕事に直結する簿記資格を取得し、転職の際のアピールにつなげると良いでしょう。

30代で資格!転職に活かせる資格