30代後半で取る資格

30代後半になりますと、すでにキャリアが固定されつつあり、今までのキャリアを深堀していくことが資格取得の大きな目的になります。また、まったく新しいことをするのは、家族や自分の将来を思えば、相当の勇気が必要になります。

ですから、30代後半で取る資格は、できるならば、自分の今までのキャリアを極められるようなものを選ぶことが望まれるといえるでしょう。

ですから、30代後半で取る資格は、上位資格を狙うことが必要になります。

しかし、それだけでは十分ではありません。仮に30代半ばで取る資格を取ったところで、若い人たちよりも優位性のある肩書でなければ、年齢面でのハンディを克服して自分の理想のキャリアを描いていくことが難しくなります。ですから、30代後半で取る資格は、本来の自分が必要としているものよりも上位の資格を取るように心がけるべきだと思います。

1年程度の勉強では合格できない超難関資格もあります。場合によっては、2~3年計画で勉強することも必要かもしれません。しかし、今までのキャリアを活かせるならば、努力次第で合格は不可能ではありません。

【総務系】

【不動産系】

【福祉・介護】

30代前半で資格を取るための勉強法