30代からの資格受験、費用・お金を浮かすには

30代からの資格挑戦で、大事なことは何でしょうか? 

たとえば、試験勉強をするときの「時間」。これもおおごとです。三十路を過ぎるといっぺんに転職は厳しくなりますから、時間をかけることは賢明ではありませんから。

しかし30代から資格を受けようとする人がいちばん気にするのは、「お金」ではないでしょうか。資格の学校といえば、けっこうな授業料や入会金をとられるという噂が広がっています。

30代といえば、人並みに社会人生活を送っていればボーナス等を何度となくもらっているでしょうし、数百万円くらいの貯蓄がある人が多いでしょう。したがって20代の受験者よりずっと有利ですが、それでも仕事を変えようとすると生活費の心配が出てきますし、やはり費用はおさえたくなります

では、30代からの資格受験でなるたけ費用を切り詰めるには、どうやって勉強したらいいのか。この大きなクエスチョンに対する現時点で最良の答えは、おそらく「できの良い通信教育を探し出すこと」でしょう。

通学講座と通信講座は、費用面でどれくらい違うでしょうか? これは、講座の製作元しだいです。つまり、「通学と比べて、たいして安くならない通信」だっていたるところにあります。

それでも、通信講座は通学講座と比べて高いところから観察するなら、平均して安いという結論が出てくるでしょう。

質が悪いわけではないのに、カリキュラムの内容がほぼ変わらないのに、大手の通学講座の半分くらいの費用で申し込める通信講座が現実に見つかるのですから。

※安くて質も良くないという、粗製濫造形式の通信講座だってありますから、費用面ばかりで選ぶのは絶対によくありませんが。

いわゆる費用対効果を重視するなら、30代の資格挑戦者にとって最良のチョイスは、通信講座だということになります。

30代で資格! 教育訓練給付制度は味方!