30代からの独立・開業に向いている資格! 

30代といえば、世間では働き盛りというイメージがある年代でしょう。それは、「脂の乗り切った時期」だとみなされているからでもあります。

社会人として充実している時期であれば、独立・開業という選択肢だって現実的に感じられます。20代のうちだったら、「独立や開業はまだ早すぎる」という意見が多いのですが、三十路を過ぎていればそろそろ独り立ちしても遅すぎないでしょう。

≪30代で資格を目指す独立・開業希望者必見!オススメ資格一覧≫

独立・開業を成功させるには、難易度が低い資格はやはり不向きです。それでは、合格者がたくさんいすぎて、世間における需要がゼロになってしまいます。

とはいえ、難易度が高すぎる資格は? 覚悟がいります。それは、時間面・費用面・労力面での覚悟です。合格までに絶対に何年もかかったり、または高い授業料を払って専用のスクールに毎日通ったりしないと取れないのでは、30代から狙うには遅すぎます。

<行政書士>

行政書士は、独立や開業をするためにある資格のよい典型です。そして行政書士は、「町の法律屋さん」の格好の典型。法律相談というと、お役所での手続きや書類の提出がつきものですが、行政書士はその方面のスペシャリストです。

行政書士は、合格率が10%を割ることが珍しくない試験ですが、勉強を怠らなければ1発合格が狙えます。

行政書士試験オフィシャルサイトはコチラから

<社会保険労務士>

社会保険労務士もまた、行政書士に近い難易度を持っています。

社会保険労務士で開業する場合、現在ではいろいろなニーズがあります。社会保険関係の問題や労働法がらみの問題がしばしば新聞をにぎわせていますが、社会保険労務士はこれらのスペシャリスト。年金や助成金といった、企業がよく手をこまねいている問題や一般人にとっても興味深い問題で、相談をもちこまれるのです。

社会保険労務士試験オフィシャルサイトはコチラから
30代で資格取得! 費用をかけない方法