資格を効率的に取るには、無駄な思い込みとはさようなら♪

30代から資格取得を目指す上では、学生時代と同じようなやり方で臨むことは出来ません。

若い頃は時間に余裕があったため、勉強をしようとすればある程度はそれに専念することができました。

しかしながら、日々忙しく仕事や家事、育児に追われる30代の資格取得では、限られた時間の中でいかに効率良く学習をしていくかが問われるわけです。

そうなれば、必然的に「取り組み方」に工夫しなければなりません。

「理想を追い過ぎないこと」が意外と重要

30代の資格取得では、完璧を求めすぎるとなかなか上手くいきません。

資格を目指すからには時間を十分にとって、学習内容をすべて網羅して、インプットはもちろんアウトプットもしっかりと・・・などと言っている様ではいけません。

限られた時間の中では絶対に不可能です。

重要なのは「30代から資格取得を目指すなら、“こうしなければならない”という思い込みを捨てること」です。

具体的には、

といった姿勢で資格取得に臨むこと。一見簡単そうではありますが、いざ30代になってから完璧主義を捨てるのは結構勇気がいるものではないでしょうか?

心得ておかなければ、意外と難しいポイントです。

30代からの資格取得は「講座選び」がカギに

このように、完璧を目指さずに合格を狙う大人の資格対策に取り組むためには、何よりも「教材選び」が肝心です。

正確には「通信講座選び」ですが、教材の内容としても

が求められます。こうした視点で通信教育をしてみると、無数にあると感じられる資格対策講座もぐっと絞られてくるはずです。

ぜひ、ホームページやサンプル教材、口コミ等を参考に、30代の資格取得に相応しい通信教育を探してみてください!

30代で資格!独立・開業するための資格