資格に合格するには、無理は禁物!?継続できなければ意味なし!

30代で資格取得を目指すなら、どんな対策法を実践するかにはこだわりを持つべきです。

30代といえば、日中は仕事に精を出されている方ばかりでしょう。ただでさえ忙しい日々に「資格対策」を加えるとなれば、容易なことではありません。

上記は30代の資格取得における典型的な失敗例ですが、皆さんはこのようなことにならぬよう、試験対策についてはよく検討しておく必要があります。

忙しい30代社会人の資格取得をサポートするのが、「通信教育」です。

通信教育は、通学講座と違って時間や場所に拘束されることなく、独学気分でプロによる教材で学ぶことができる唯一の試験対策であると言っても過言ではありません。

30代からの資格取得には、この通信教育の活用がモノを言うわけです。

実際の試験対策には「どの講座を受講しても同じ」というわけではなく、各講座の内容や特徴を十分理解した上で、比較検討する必要があります。

ここでは、「30代の資格取得にオススメの通信教育」をいくつかピックアップして、ご紹介したいと思います。

≪30代で資格取得!オススメ通信教育≫

フォーサイト

効率良く学べるポイント集中型テキストと、理解度をぐんとアップさせるハイビジョン講義。

“初学者でも無理なく一人で学べること”が目指されたフォーサイトの通信教育は、ずばり「教材」にこだわりアリです。

開講講座は、社会保険労務士や行政書士、簿記、ファイナンシャルプランナーなど、社会人に人気のビジネス系資格がラインナップ。

忙しくて学習時間を確保できない30代の資格取得も、フォーサイトの教材なら無理なく合格を目指すことができます。

フォーサイトのHPはコチラから

資格の大原

何かと不安な通信教育も、大手資格予備校の開講講座なら安心感アップ。

資格の大原の通信教育は、資格学習における長年の研究の成果が教材にギュッと凝縮されており、通信であっても万全の体制を整えることが可能です。

全国に設置されている校舎で教室講義に参加できる、自習室が利用可能等、大手ならではのメリットも○。開講講座の豊富なラインナップも魅力ですね。

資格の大原のHPはコチラから

産業能率大学 プロカレッジ

通信教育を受講したいが、費用を安く抑えたい。そんな方には、産業能率大学プロカレッジの通信教育がオススメです。

大手資格予備校発刊の教材と答練、添削等、シンプルな構成ではありますが、合格に必要な対策にしっかり取り組むことができます。

税理士や行政書士、日商簿記、中小企業診断士等、30代が目標にすべき資格講座をしっかり網羅。資格取得に大きく投資できない30代は、要チェックのスクールです。

産業能率大学のHPはコチラから
30代で資格取得のポイント