資格なしは危険!?資格がないとあなたの価値は伝わりません!

皆さんの中には、スペック的に「30代 資格なし」といった方は決して少なくないと思います。

そんな強気な方もいらっしゃるかもしれませんが、30代以降を「資格なし」のいわゆる“丸腰”で生き抜くという選択肢は相当リスクの高い道であると言わざるを得ません。

第一に、今いる会社に65歳まで何の問題もなく在籍し、安定した給料をもらえる保証はどこにあるでしょうか?

昨今、大手といわれる企業でも、何かのきっかけでいとも簡単に傾いてしまう時代です。どんな会社も、アナタが生涯身を委ねていられる場所とは言えません。

そして、今後いざ転職という段階になって、30代以降で資格なしの大人が簡単に再就職先を決められる時代ではありません。実務経験としてよほど専門的なノウハウを有していたのでない限り、転職活動は難航するでしょう。

資格はあなたの知識の証明書

資格とは、いわば“高い知識レベルの証明”です。社会人として10年以上勤務し、こうした証明がないことは、キャリア形成上大きなマイナスとなりかねません。

一般的に30代は、働き盛りといわれる40代、50代を見据えた準備ができる最後の10年間として認識されています。

どんなことに挑戦するにせよ、30代までであればまだまだ“勉強期間”として試行錯誤が許される年代であると思います。

ぜひこの10年間に、様々な資格にチャレンジし、どんなことに興味関心を持てるのか、何が向いているのか、今後何を専門にしていくかを検討しましょう。

これからバリバリ活躍していくつもりであれば、もはや「30代で資格なし」なんて言っている場合ではありません。

あらゆる資格に挑戦し、ひとつでも多くのスキル習得に努めるのが得策です。

30代で資格取得!オススメ通信教育